平成26年3月14日 中国新聞より

2012年からの2年間の、折り鶴の再生利用状況が紹介されました。2年間で計33トンが再生紙などに生まれ変わり、名刺や資料文書などの用紙として活用されています。
中国新聞H260314
※クリックすると、大きな画像が表示されます。